2010年02月27日

無事帰国しました。

最後の最後でドタバタ悲劇が待っていました。



マクタン空港発が早朝6:35だったので、

「日本人海外旅行常識」からすると、

2時間前、4:35に空港で待機していなければならないものですが、


この空港の場合、規模がとても小さいし、

1時間くらいに着いていれば上等だろうと腹をくくっていました。

つまり、5時半くらいに空港に到着するのに、
ペンションハウスを5時ちょい前くらいに出ればいいや、という計算。



しかーーーーーーし、



見送りしてくれる友人が5時になっても来ないではないか。


いらいらしていたら、うとうと寝てしまって、(意外と焦ってない?)


待ち合わせ時間20分後くらいに、友人登場。


タクシーをすでに手配してくれてたみたいなんだけど、


運転手のおっちゃんが、これまたお喋りで・・・。


自分の親戚が日本で働いてるとかなんとか。


どうでもいいから、黙ってアクセルーーーーー!!!と私の心の中。





そして、いざ空港に着いたら、


今度は、朝はよから、行列ではないか・・・・



おとなしく行列に従い、やっとこさ来た私の番。



「あなたのスーツケース9キロオーバーしてるから、
9キロ出して減らすか、5000ペソ(約1万円!)払って。」



いやいやいやいや。




って、完全に私が悪いんだけど、ここで逆切れ。


「スーツケースが重いんだからしかたないでしょ!」
(今考えたら9キロのスーツケースも無理があるか。)

「今お金ないから、日本で払う!駄目?」



カウンターのおっさん、首を横にふる。くそっ。



「プリーズ、プリーズ、プリーーーーズ!」

って可愛く言っても効果なし。もう24だし、デブだし。



そして、そのオッサンは

「今から、バッグ開けて、9キロ分減らすしかないね、お金ないなら。」



くそっ、なんかムカつく言い方。



ここで、行列の中に日本人で、しかも福岡に帰る人がいれば、
一緒に、チェックインして、重量制限が倍になってオッケーだったかもしれないが、


なんせ、私の空港到着時間が、日本人の常識到着時間よりだいぶ遅れていたため、
日本人いない・・・。




だいぶゴネたが、無理だった。

たくさんの行列の前で、スーツケースを開け、

大量のドライマンゴー、マンゴージャムやダウニー1g(なぜダウニーなんか買ったんだか後悔。)
を、フェアトレードバッグ2つに移す移す。


移して、量り、首を横に振られる、

をかれこれ3回くらいしただろうか。



どっかの係りの兄ちゃんが手伝ってくれたんだけど、

「マム、そのデジカメちょうだい。手伝ってあげたんだから。」


無意識に出た言葉は、


「WHY?」

なんでアンタにデジカメあげなきゃならんのさ、アホか!そして、無視。

でも兄ちゃんしつこい。

「マム、じゃ、日本円でいいから、お金ちょうだい。
そしたら、俺が交渉してあげる。」


日本円、持ってないし、こっちのお金も、空港利用料で後で使う分しか持ってなく、


しかし、コイツは使えそうだ。


ポケットに手を入れると、100ペソ(200円)があったーーー!


彼に渡すと、彼はムカつくおっさんのところに行って、本当に、オッケーになった!


始めから、そうすればよかった・・・。



はっと、時計に目をやると、出発タイム過ぎてる!6:45って!



ありえない。乗り遅れたら、アイツらのせいだー!(完全に私が悪いんだけど。)
と思いながら搭乗ゲートまでダッシュ。

搭乗ゲートで、これまた別のオッサン(係員なんだけど)、私の顔を見ると、


「イシクラ?
あなた、最後の乗客だから、急いで。」


イシクラって・・・呼び捨て・・・。



はぁ、疲れた。無事、機内に乗れて一安心。





そして、機内のテレビの時計。6:30。


え???




久しぶりに(半年以上ぶり)にはめられた私の腕時計、


時間が世界標準時間(NHKタイム)から20分ほどズレていた・・・。




言われてみたら、時間でこんなに焦った思いをしたのも久しぶり。


あ〜フィリピンの生活が終わる、日本の生活が始まる〜


と、ここでも痛感したのです。





そして、無事に福岡の実家に着きました。

posted by kayokor at 15:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。