2009年09月25日

おじいちゃん

昨日は実はおじいちゃんの命日でした。


おじいちゃんが亡くなってから、14年になります。




14年前私は小学4年生で、

古い借家に、家族5人で暮らしていました。


今でもたまに、家族のあったかい思い出の夢を見るときは必ずあの家で。




で、話をおじいちゃんに戻すと、


私は、困った時、悲しい時、特に家族に何かあった時、


必ず、おじいちゃんに助けを求めます。



おじいちゃんなら、全てを見ててくれそうな気がするからです。



ここセブに来て、今まで以上に、

「家族ってなんだろう」

って感じることが多くなりました。


問題抱えてるのは自分だけじゃないんだなぁっていう、変な安心感と共に、

パーフェクトな家族なんてきっとどこにもなくて、


パートナーは選べても家族は選べない。



でも、すごくかけがえのないものだから、大切にしたいなぁとも思います。





ちょっと恥ずかしくなってきたのでそろそろやめにして。


こんな今も、おじいちゃんが私たち家族を見守ってくれてますように。







ひー!
はずかし、はずかし!





みなさんよい週末を!



この夏、93になったおばあちゃんです。
DSCF3609.JPG

posted by kayokor at 22:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。