2009年08月12日

さらなる追い討ち!

3日連続で、R君の話題になります。



彼にさらなる追い討ちが待っていました。



彼が昨日の朝、私に打ち明けてくれました。




彼の18歳の妹は、とある家庭で住み込みの家政婦として働いています。


で、そこの家主の弟が、彼女の体を頻繁に触ってくるようで。

レイプまではされないものの、(というか彼女は今のところ逃げ切っている様子)

要は、完全なるセクハラで。



もっと最悪なのは、その彼女4歳の息子さんがいて、

その子も一緒に住み込みで暮らしているという状態で。


家主には14歳になる男の子の養子がいるそうな。

で、その少年が、R君の甥に当たる4歳の男の子に、何かしらの性的虐待を起こした模様。



もう最悪。





R君は、妹さんに自分の生活は自分で支えないとというような話を以前にしてたようで、

彼女に働くように仕向けたのは自分の責任だと、強く負い目を感じていました。






警察に行って、話はしたものの、これから問題がどう解決されるかはわかりません。


家主も警察に着いてきたようですが、黙っていたらしい。




でも、この世界では、

しかもフィリピンのように、格差社会、階級社会が顕著なところでは、



カネが勝ってしまうんです。





つまり、どんなに、R君の妹さん、甥っ子さんが被害を受けていると訴えても、


もし、家主が、お金を使って、弁護士や警察やらをうまく操ったら、


この問題は、もみ消しにされる可能性だって大いにあるわけです。



しかも家政婦って仕事自体、家の中の仕事なので、

目撃者が他にいない、というのはすごく不利です。




お金を持った人はお金で何でもできちゃうってすごい怖いです。


そして、お金がない人は、彼らと同じ土俵で闘えないし、

彼らの意図に従わざるを得なくなるわけです。







でも、日本でも起きてるんだろうな。




おカネが人間を動かしている世界。


R君の妹さんの問題から、世界で起きてる戦争まで、


全部おカネで動いてます。



それでも、私たちはそんなおカネがほしい、ほしいと思う。


本当にほしい?そんなおカネ???


posted by kayokor at 19:33| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。