2009年12月26日

クリスマス

ネットが部屋で使えない環境にあることと、
クリスマスでなんともバタバタしていて、更新ご無沙汰です。



そして、クリスマス、無事終了・・・。


DSCF4276.JPG





キリストさんが生まれたときに、

空にものすごい星が輝いていて、

その星の輝くところに、神の子がいると神から聞いた賢者たちは、

遠くから星を頼りに、キリスト誕生の祝福に行ったようです。


というわけで、宗教色の強いここのクリスマスは、星だらけなんです。
(サンタやトナカイはあんまり見かけません。)


DSCF4049.JPG


DSCF4028.JPG


DSCF4353.JPG


そしてこの星を「パロル」と呼びます。

パロルはキリストの誕生を祝福するっていう意味があるみたいで、

クリスマスにこれを飾るのは、
やっぱり、

「ハッピーバースデイ・ジーザス!」ってことなんですね〜


クリスマスの醍醐味のプレゼントも、

サンタさんが寝ている間に持ってくるんじゃなくて、

(そうそう余談ですが、赤い服のサンタクロースって、
元はコカ・コーラ会社が宣伝に生み出したものって話も聞いたことあります。
知ってました?)

家族や友人どうしで、プレゼント交換しあうのが主流みたいです。

これも、上の話に続くと、賢者たちがキリスト誕生のお祝いに

プレゼントを贈ったことからきてるらしい。


聖書に馴染みのある人には、この説明は怒られるかも?笑

けど、私の場合、へ〜って感じで、

ここに来てそういうことも知れて、また日本と色々違っておもしろいです。


で、そのプレゼント・・・

本当に、カネがかかるのよ、いや、かかったのよ・・・。


もらったらあげないとだし、

ちょっと顔見知りで、「クリスマスプレゼントちょうだいよ〜」

なんて言われたら、な〜んか無視もできないし。笑

クリスマスプレゼントのためにこっちの人は借金したり、給料何ヶ月分も前借りしたりって話を聞きますが、

なんかわかる気がする、ここにいると。

避けれないというか。笑 


でも、もらっても嬉しいし、あげて喜ばれても温かい気持ちになるから、

いいよね〜

ということで、お世話になった人たち、一緒に遊ばせてもらった子供たちにプレゼントしてきました。

DSCF4267.JPG


DSCF4281.JPG


夜中は、ペンションハウスの近くの通りで、

車が走っているにも関わらず、子供たちが爆竹を投げて

遊んでる様子を見て、



セブのクリスマス満喫したのでした。



posted by kayokor at 12:45| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。