2009年12月18日

500ペソ

昨日、食料買出しに行ったレジで、ぼーっと500ペソを見つめていたら、

疑問がたくさんうかんできた。



そしてこれがその500ペソ。
DSCF4146.JPG



まず中央。

DSCF4155.JPG

こっちの人の話では、戦地に行く男性を送り出す妻子の様子。
(現地の人情報だから本当かわからないけど。)

これが中央に来るっちゃ、どんだけ軍国なんだろうか?



で、右上。

DSCF4151.JPG

先生が生徒に何か教えているんですが、

その教科書の表紙には、

「勉強が先よ、支払いは後でいいのよ」

・・・って。

なんか金貸しの人みたいじゃない?笑


しかも、こっちの学生を見ている限り、

「授業料を払わないと期末テストを受けさせてもらえない」

「授業料が払えないから学校に行けない」

っていう、

「支払ってからじゃないと、勉強はできないのよ」

がの方が現実な気がするんですが、フィリピン造幣局さん。



そして左上。

DSCF4158.JPG

左から、農夫・軍人・海外出稼ぎ看護婦・伝統ダンサー・シスター


あれ?中国マフィアがいないぞ?

な〜んていうフィリピンという国をあたかもこの5人で表したような
素晴らしい私の想像は全く外れてて、

これは、いくつもの島々からなる、いくつもの種族からなる国を

表しているらしい。
(これも現地の人情報だから、私の予想の方が当たってるのかもしれないけど。)




で、左下のハンサムは、どこかの前線で戦った人なのか、

DSCF4162.JPG

それを記事にしているジャーナリストなのか?

なんだかバックには朝鮮戦争がどうとか書いてあって。

でも、こっちの人も誰かだかわかんな〜い、って感じみたいです。

うむ、調べたらおもしろそう。



で、表には、優しそうなおじさん、ニノイ・アキノさんです。

DSCF4157.JPG

彼は独裁だったメルコス政権に反抗した人として、

この国では民主主義や自由の象徴ともなっているようです。

で、奥さんが8月に亡くなったコラソン・アキノ元大統領です。


で、彼の右側に、

DSCF4163.JPG

「フィリピン人はニノイのために死ねる」

って書いてあります。



う〜ん。日本人だからこういうのに敏感なのかな?

先の戦争があってから、国的に、

一人の人を崇拝したり、

愛国を謳ったり、

自衛隊を華々しく賞賛したりって、

やっぱりない気がする。


だから、この500ペソ見て、うわっ、ちょっとやばくないか?

ってこっちの人はなんとも思わないんだろうな〜

てか私が考えすぎなのか?




ということで、500ペソのお話でした。
posted by kayokor at 12:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。