2009年12月30日

とても気になる

やばい、現地のお母さんたちと同化してきてます。

DSCF4234.JPG

とても気になっているのは、

どんどん丸く大きくなっていくフェイスラインとお腹、



ではなく、



EMSの奨学生のAちゃんのことです。

9月に2歳の妹が亡くなって、

それからお母さんが毎日酒びたりになって、

ご飯を作ってくれなくなったり、っていうのが続いたみたい。



毎週のアクティビティで見てる感じでは、
もう大丈夫なのかな〜って思うけど、真相まではわからない。

DSCF4191.JPG
ダンスをするAさん


でも、時折見せる表情が淋しくて。

あ〜私に何ができるんだ〜っていっつも思ってしまう。


先日、EMSのクリスマスパーティーがあって、

そこでお母さんもAちゃんのいとこを連れて来てたけど、

他のお母さんたちと話す風でもなく、

部屋の隅で会場で走り回る赤ちゃんを遠くからじーっと見てたり、

なんか見てて、私まで切なくなったり・・・


Aさんとお母さんの距離もなんか冷たいものが感じられて。



帰りのジプニーが一緒で、ん?って思ったのが、

お母さん明らかに2人分しか料金払わなかったこと。

Aさんとお母さんといとこ君と私には3人いるように見えるんだけど・・・?

その時、Aさんがハッと私を見たような。




わからない、これがこの親子の普通の姿なのかもしれないし。


正月すぎまでアクティビティはないし。

う〜ん、気になる・・・。


posted by kayokor at 08:00| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

女子会

日差しも強くて、毎日暑くて、

ここにいると、全然、「年末」って感じがしません!!!


先日、「女子会」がありました。

DSCF0020.JPG


これは、5月から8月まで通っていた語学学校で知り合った友達と

その姉妹や友達で。


まず、当日朝メールで、

「ドレスかスカートで来てね、ジーンズはナシのパーティーだから。」

って言われて、え〜?何それ〜?ドレスとか持ってないし。

めんどくさー!はりきりすぎー!っとか小言の多い私は内心、思ったり。笑


けど、まぁ、行くと行くで話は盛り上がって楽しかったのですが、

何が足りないって、

みんなお酒を飲まないのーーーーーー!!!!!


日本でやってた「女子会」は必ずお酒があったけど・・・。


みんな、マンゴー・シェークとかチョコ・シェークとか注文してて、

物足りなさすぎるんでビールを注文したけど、

うーん、若干浮いてたよね、絶対に。


「お酒は飲まないの?ここの男たちはすごい飲むのに。」

と、たずねると、

「場合によっては飲むけど、ちょっとだけ。
それでも、顔真っ赤になって、次の日発疹が出るし。
女の子はあんまり飲まないのが普通ね〜。」


だと。


前に、こっちの男の人が、

自分は、タバコもお酒もガンガンなくせに、

「自分のパートナーにはお酒もタバコも絶対してほしくない」

と、まぁ、偉そうなことを言ってたので、

男女差別に反応しやすい私は、

「自分が禁煙・禁酒しない限り、そんな高校生みたいな子寄ってこないでしょ。」

って食ってかかったことがあったのですが、

やっぱりそれは日本の今の私たち世代の価値観で、

こっちの人からしたら、まだまだ、

お前、どんだけ遊んでんだ?“ふしだら”なんだ?って思われるのかな?


女はこうあるべき、

男はこうあるべき、

っていう、レッテルが強すぎるから、

その極に行けないさまよった中間グループが

「ゲイ」や「レズビアン」になっていくんじゃないかな〜

っていうのは私の憶測・・・笑


あ〜でも日本の明治・大正・昭和時代に、

おかまが続出してたかって言ったらそうじゃないし・・・




話は女子会に戻って、


ご飯食べ終わったら、一斉にメイク直し。

鏡すら持ち歩かないよ、あたしゃ・・・


そして、お店出たら今度は、パチパチ記念撮影大会。

こりゃ一種のプリクラ感覚?


はぁ〜こりゃ高校生だわ。笑

でも、こっちの人はこれがいいんでしょう、きっと。

posted by kayokor at 14:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

プルメリア・クリスマス・パーティー

DSCF4284.JPG

タクシーのおっちゃんが、

「お釣りは小銭でもいい?」

って聞いてくるから、いいよって返事したら・・・


1ペソが40枚返ってきた!

重いってば・・・。笑

でも、こんなフィリピンがやっぱり好きです。



さて、先週、プルメリアでもクリスマス・パーティーがありました。

DSCF4302.JPG


里親会員の一人がちょうどセブに滞在中で、全て費用をまかなってくださって。

小学生から大学生まで、そして保護者、
全員ではないけれど、みんなとても楽しんでました。

DSCF4303.JPG


料理もすごくおいしくて。

DSCF4314.JPG

バイキング形式で、司会者が、

「レディー・ファーストで!」って言ったら、

男の子たちの順番になった時にデザートがすっかり消えていた・・・。

日本でよく友達と行ってたケーキ・バイキング思い出して、

女の食い意地の強さは万国共通なんだな〜って思ったり。


DSCF4297.JPG

あ、これは、フィリピン名物「子豚の丸焼き」です。

お祝い事やパーティーには欠かせない一品です。

これも、こっちに来て初めてのころは、エグって思ってたけど、
すっかり慣れました。

スキンが香ばしく焼かれていて美味しいんですよ〜。


景品ありのビンゴゲームは本当に盛り上がっておもしろかったです。


DSCF4322.JPG


DSCF4321.JPG


私は景品ゾーン付近にいて、ビンゴした学生が景品を選ぶ様子などを見てたんですが、


売れ行きの順番は「大きいもの」から。

DSCF4328.JPG


DSCF4333.JPG


高いものや実用性はあまり関係ないみたい。

したきりすずめのばあさんみたいです。笑


もう一つ、小学生と大学生、同じものを選んでも、

大学生、譲りません。笑
これは、内心かなりうけました。本気でジャンケンしてたし。笑

ま、でも、これは個人の性格の問題だったんだと思いますが。



学生、そのご両親、プルメリアのスタッフ、そしてスポンサーの方、

もちろん全員がそろったわけではないけど、

こういう機会って本当にお互いを知るにあたって素晴らしいと思います。

オフィスや家庭訪問だけでは見れない様子も垣間見れたりするし。


この後、きっと学生さんたちは、
家族で素敵なクリスマスを過ごしたことだと思います。



posted by kayokor at 20:41| セブ プルメリア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

クリスマス

ネットが部屋で使えない環境にあることと、
クリスマスでなんともバタバタしていて、更新ご無沙汰です。



そして、クリスマス、無事終了・・・。


DSCF4276.JPG





キリストさんが生まれたときに、

空にものすごい星が輝いていて、

その星の輝くところに、神の子がいると神から聞いた賢者たちは、

遠くから星を頼りに、キリスト誕生の祝福に行ったようです。


というわけで、宗教色の強いここのクリスマスは、星だらけなんです。
(サンタやトナカイはあんまり見かけません。)


DSCF4049.JPG


DSCF4028.JPG


DSCF4353.JPG


そしてこの星を「パロル」と呼びます。

パロルはキリストの誕生を祝福するっていう意味があるみたいで、

クリスマスにこれを飾るのは、
やっぱり、

「ハッピーバースデイ・ジーザス!」ってことなんですね〜


クリスマスの醍醐味のプレゼントも、

サンタさんが寝ている間に持ってくるんじゃなくて、

(そうそう余談ですが、赤い服のサンタクロースって、
元はコカ・コーラ会社が宣伝に生み出したものって話も聞いたことあります。
知ってました?)

家族や友人どうしで、プレゼント交換しあうのが主流みたいです。

これも、上の話に続くと、賢者たちがキリスト誕生のお祝いに

プレゼントを贈ったことからきてるらしい。


聖書に馴染みのある人には、この説明は怒られるかも?笑

けど、私の場合、へ〜って感じで、

ここに来てそういうことも知れて、また日本と色々違っておもしろいです。


で、そのプレゼント・・・

本当に、カネがかかるのよ、いや、かかったのよ・・・。


もらったらあげないとだし、

ちょっと顔見知りで、「クリスマスプレゼントちょうだいよ〜」

なんて言われたら、な〜んか無視もできないし。笑

クリスマスプレゼントのためにこっちの人は借金したり、給料何ヶ月分も前借りしたりって話を聞きますが、

なんかわかる気がする、ここにいると。

避けれないというか。笑 


でも、もらっても嬉しいし、あげて喜ばれても温かい気持ちになるから、

いいよね〜

ということで、お世話になった人たち、一緒に遊ばせてもらった子供たちにプレゼントしてきました。

DSCF4267.JPG


DSCF4281.JPG


夜中は、ペンションハウスの近くの通りで、

車が走っているにも関わらず、子供たちが爆竹を投げて

遊んでる様子を見て、



セブのクリスマス満喫したのでした。



posted by kayokor at 12:45| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

500ペソ

昨日、食料買出しに行ったレジで、ぼーっと500ペソを見つめていたら、

疑問がたくさんうかんできた。



そしてこれがその500ペソ。
DSCF4146.JPG



まず中央。

DSCF4155.JPG

こっちの人の話では、戦地に行く男性を送り出す妻子の様子。
(現地の人情報だから本当かわからないけど。)

これが中央に来るっちゃ、どんだけ軍国なんだろうか?



で、右上。

DSCF4151.JPG

先生が生徒に何か教えているんですが、

その教科書の表紙には、

「勉強が先よ、支払いは後でいいのよ」

・・・って。

なんか金貸しの人みたいじゃない?笑


しかも、こっちの学生を見ている限り、

「授業料を払わないと期末テストを受けさせてもらえない」

「授業料が払えないから学校に行けない」

っていう、

「支払ってからじゃないと、勉強はできないのよ」

がの方が現実な気がするんですが、フィリピン造幣局さん。



そして左上。

DSCF4158.JPG

左から、農夫・軍人・海外出稼ぎ看護婦・伝統ダンサー・シスター


あれ?中国マフィアがいないぞ?

な〜んていうフィリピンという国をあたかもこの5人で表したような
素晴らしい私の想像は全く外れてて、

これは、いくつもの島々からなる、いくつもの種族からなる国を

表しているらしい。
(これも現地の人情報だから、私の予想の方が当たってるのかもしれないけど。)




で、左下のハンサムは、どこかの前線で戦った人なのか、

DSCF4162.JPG

それを記事にしているジャーナリストなのか?

なんだかバックには朝鮮戦争がどうとか書いてあって。

でも、こっちの人も誰かだかわかんな〜い、って感じみたいです。

うむ、調べたらおもしろそう。



で、表には、優しそうなおじさん、ニノイ・アキノさんです。

DSCF4157.JPG

彼は独裁だったメルコス政権に反抗した人として、

この国では民主主義や自由の象徴ともなっているようです。

で、奥さんが8月に亡くなったコラソン・アキノ元大統領です。


で、彼の右側に、

DSCF4163.JPG

「フィリピン人はニノイのために死ねる」

って書いてあります。



う〜ん。日本人だからこういうのに敏感なのかな?

先の戦争があってから、国的に、

一人の人を崇拝したり、

愛国を謳ったり、

自衛隊を華々しく賞賛したりって、

やっぱりない気がする。


だから、この500ペソ見て、うわっ、ちょっとやばくないか?

ってこっちの人はなんとも思わないんだろうな〜

てか私が考えすぎなのか?




ということで、500ペソのお話でした。
posted by kayokor at 12:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

久しぶり

もう!

アパートの管理人のおばちゃん、契約の時はネット使えるって行ってたのに、

いざ住んでみると無線LANのシグナルないことがわかりました。

あれやこれや、今リサーチ中で。

ブログの更新滞ってしまってました。


と、いいわけでした。





ひ〜さしぶりに、会いました。

DSCF4060.JPG

お互いのスケジュールやら私の体調やらで、

長らくご無沙汰だった更生施設のボーイズたちです。




実はその日は、施設の前に、

数人の男の子とワーカーさんに同行して、

よくわからないけどカルボンマーケットに行くよ、ということで、

連れられていきました。

(あ、カルボンマーケットは、セブの台所とい言われてるらしい、大きな市場があるところで、
治安も負けず劣らず一番悪いといわれてる地帯です。)


DSCF4036.JPG


DSCF4034.JPG
すごい山。
そして、このボックスを下から上の人に、ヒョイッと投げてパスします。


DSCF4037.JPG


そこで、2人のボーイズをピックアップしてました。

はいつも施設にいる私も顔見知りの子。
一時、家に帰ってたらしい。

へぇ〜、あの施設にいる男の子たちって、ココ出身の子もいるんだ〜
と、初めて知りました。


私の隣に座ってた少年は私のデジカメでパチパチ写真を撮ってるんだけど、


ビビリな私は無用心すぎる彼の手からデジカメが盗られることが

心配で心配で、さすがにいてもたってもいられなくなって、


「絶対、盗られないようにしてね、高いんだから。」(安いけど。笑)


と念を押したら、


「大丈夫、オレ、前ここでスリしてたから!」


って、妙に自信を持って答えられたため、私も妙に納得させられたのでした。


いや、おいおい・・・って感じで笑えたけど。




そして、施設の途中、急な坂道登ってる途中、まさかのエンスト!!

ひゃー!って驚いてたのは私だけだったみたいで、

DSCF4058.JPG

止まったら、押しましょう。 みたいです。



無事に施設に着くと、

男の子たちがどんどん寄ってきて、

「アテ・カヨコ〜!!(「かよこ姉ちゃん」って感じかな?)」
「I missed you!!」


ウルっ・・・懐かしすぎる。



予定では、クリスマスについての授業をRさんがする予定だったんだけど、

なんだか、収拾つかず、今日はみんなで遊んでました。


バレーしたり、写真撮ったり。川に水浴びに行ったり。

DSCF4138.JPG


そして、こういう時に、ついはりきって、泥にはまるのは誰でしょう。

私です・・・。

DSCF4108.JPG
借り物のズボンです・・・失笑



そして、出ました、キリスト誕生!

DSCF4110.JPG
のモノマネ。笑 我ながら傑作!


街中にある本物はコレ。
DSCF4027.JPG



と、なんやらかんやらしてたらあっという間に時間は過ぎるもので。


一緒にやってたR君が忙しくて参加できなくなったので、

Rちゃんと二人で、今週から英語クラス復活の兆しです。

posted by kayokor at 14:36| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。