2009年11月20日

退院後の悩み

今日MSNの記事で、

「人間以上の優しさと思いやりを見せた極北の地のどう猛な動物


って見出しがあって、思わず、「人間」と「動物」の位置逆だろって思いました。





なんだか、退院してから、ちょっと回復してきたと思ったら、



ものすごい食欲に悩まされています。



デング入院中は、食べたいのに食べれないっていう日が続いて、

それがストレスになっていたのか・・・


今のこれが、世間で言う、「リバウンド」ってやつです。

恐ろしや〜




あと、もう一つ、恐ろしいことがあります。

なんか、周りで熱っぽい人が何気に増えてきて、



「もしかして、私を刺した蚊がいっちゃったかも・・・?」


と、いつも心配になります。


なんか、すごい自分ウィルスみたいな。




新型インフルが日本で異様に騒がれてて、

どこどこの誰々が感染したって、テレビでテロップまで出てた時、


感染した人たちはすごく辛かったろうな〜と改めて思います。




ね、やっぱ、人間の方がどう猛だって。


posted by kayokor at 17:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

パッキャオ

imagesw.jpg



本当に全然興味ない分野なんで、

今回のブログはファンの人には怒られるかもしれません。笑




ボクシング です。



というよりも、


マニー・パッキャオ についてです。


すごい強いフィリピン人ボクサーみたいで、
私は、こっちに来て初めてその存在を知ったのですが。



ほぼ連勝らしい。


とにかく国民みんなが彼のことが大好きで、



彼の試合なんて、視聴率98%だとかウィキペディアに載ってたから、
こりゃすごいです。


フィリピン南部の紛争もその時は停戦するらしい。
なんだそりゃ。


パッキャオ.jpg

アロヨ大統領とも「仲がいい」とウィキペディアにかかれてたけど、
ほんとかいな?




先週、実は、コットというプエルトリコの人と戦う試合があったみたいで、



退院明けの私が部屋でぐったりしていると、


外から、フィリピンの国歌が流れてきたり、
人々の歓声がすごい聞こえてきて、


一体何が起きてるんだろう??と思っていたら、


彼の試合だったらしい。




その日、たまたま外に出かけていた友達の話じゃ、


デパートの警備員さんも仕事そっちのけで、テレビ見てて、

家電屋さんのテレビの前には人だかりができてて、

コーヒーショップでも無線LANを使って客もウェイターたちも試合に釘付けになってたらしい。




すごいな〜。

ボクシングに興味がないから、なおさらその光景を異様に感じてしまう。




このパッキャオさん、今はすごいお金持ちになったらしいですが、

生まれ育ちはすごく貧しかったみたいで。



人々も何気に親近感を感じていたり、

自分の力で富をつかんだ彼を夢見たりしているのでしょうか?




一度、選挙に出馬したという話を聞きましたが、


この人気がスポーツだけでとどまることを願います。



これ政治家とかになって権力持っちゃったら、超危ないでしょ?


けど、引退して出馬するって話です。


posted by kayokor at 19:51| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

フェアトレード

セブは今日も猛暑です。



しばらく寝たきりが続いていたナマッた体を持ち上げて、

少しずつ外に出るよう心がけているこのごろです。




近くのスーパーで、フェアトレードフェアやってました!



フェアトレードって言われると、私のちょっとした贅沢が、

貧しい人の生活を救っているって思って、無駄に購買欲がわいてしまうのは、私だけでしょうか?


今日のお買い上げ、

ジュースのパックでできたバッグと(なぜか3つ購入)
DSCF4094.JPG


地元の貝殻や小石で作ったネックレスたち。
DSCF4088.JPG



これだけ買って日本円で1000円ほどだからね〜


日本じゃフェアトレードって高くて、敷居が高いイメージだけど、

あれって、ほんと、輸送費でコストとってるんですよね〜。


安く買いたい人は、セブに来ましょう。(どっちが安いのかな?笑)





その前に、「フェアトレードって何よ?」って人へ。


フェアトレードとは、

アジアやアフリカ、中南米などの女性や小規模農家をはじめとする、

社会的・経済的に立場の弱い人びとに仕事の機会をつくりだし、

公正な対価を支払うことで彼らが自らの力で暮らしを向上させ、

自立できるよう支援します。

People Treeさんより



スポーツブランドの「ナ○キ」や、

おしゃれカフェ「スター○ックス・コーヒー」、

人気ブランド「G○P」


とか、は児童労働でだいぶ訴えられてるのはご存知ですか?


フェアトレードは、


このような児童労働も許さないし、

中間マージン(言ったら大手企業のような)を排除することによって、

生産者に直接利益がもたらされるような仕組みになってます。


食べ物や衣類は無農薬が多くて、それは消費者だけじゃなくて、

生産者の健康のことも配慮されてるんですね。



フェアトレード団体が守るべき規約 というのも発見したので、こちらもぜひ見てみてください。






とにかく、

何かしたいけど、何から始めたらいいかわからない、っていうアナタ、


お買い物の方法を変えてみましょう。





ジュースパックのリサイクルバッグ、

日本ではEMSさんのHPより注文できます!

コチラへhttp://cebu-kodomotachi.jp/bahandybag.html 





クリスマスにフェアトレードプレゼントなんてクールです!
posted by kayokor at 16:59| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

デング熱

ひぃぃぃ〜


体壊してる間に、あっという間に11月も中旬じゃないですか!


日本では紅葉の季節ですか〜?

セブは、相変わらず、ちょっと歩くだけで汗だくの気候です。





さてさて、私を先週ほぼ丸ごと苦しませてくれた、

「デング熱」。



きついよ〜

高熱が出ては止み、出ては止みを何日か繰り返し、

頭痛はひどいし、

体力消耗する割りに、食欲もない。



こっちの人だったら、4日くらいで回復できるらしいのですが、


私が結構長引いてたのには、理由があって、


白血球が標準より低いらしい。




ということで、病気になりやすいうえに、なったらなったで回復が遅い、という。



しかも、デング熱って2回目なったら、命の危険を伴ってるらしい。


媒体が「蚊」なのが、これまたあなどれないのです。


リーチかかってるので、蚊一匹にすごくナーバスになってきました。





セブで長く暮らしたいな〜と考えていましたが、


心とは裏腹に、体はここの暮らしを求めていないんだな〜ってのが今回の気づき。





ここで学んだことを活かせる進路を見つけよう!





DSCF4086.JPG
親友たちがわざわざセブまで遊びに来てくれたっていうのに。
病み上がりで、しっかりガイドできず無念。
でも、最高に楽しかったよ〜!
posted by kayokor at 21:40| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

セブの病室より・・・

みなさま、ご無沙汰です。



何を隠そう、前回の「バイヨット」記事を投稿した直後、



ぱったり倒れたと思ったら、




「デング熱」にかかってしまい、今近所の総合病院で、



注射・点滴・フィリピン風病院食 と格闘中です。





でもでも、明日には退院の兆し・・・。ほっ。







とりあえず近況報告でした。



posted by kayokor at 17:56| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

バイヨット

「かよこ、なんで日本の男子ボランティアたちはオカマっぽい人が多いの?」




孤児院の女の子に言われ思わず笑ってしまいました。




ここ、セブに来て、私はかなり多くのオカマ様たちに遭遇しています。


道でもすれ違うし、

美容院には必ず一人はいるし。

更生施設にもそれっぽい子がいます。



私が初期に覚えた現地語の一つは「バイヨット」でオカマという意味です。

初期に覚える必要があっただけ、人々の会話にもよく登場する存在なんです。




冒頭に私に質問してきた女の子の話では、

50人クラスに5人くらいは「バイヨット」らしい!



だから、バイヨットは日本よりも数が多く、その存在も結構確立されてるような気がします。



男か、女か、バイヨットか。 みたいな。




で、上の女の子が出会ったボランティアの日本人男子学生たちは、


彼女いわく、

意思表示があいまいで、

動きや話し方がどうもゆっくりで、

つまり、「男らし」くない。


だそうです。




日本で今、「草食男子」と呼ばれる男性は、


こっちに来たら、迷いなく「バイヨット」に分類されてしまうと思います!笑





でも、「草食男子」って言葉あるけど、

フィリピンに来て、日本人は本当に草食だというのも実感します。

なんせ野菜なしで毎日肉ばかり食べてますからこっちの人。




そして、昔から、日本ではモテる男の定義も草食に近かったのではと思います。



紫式部の「源氏物語」の源氏なんて、和歌詠んでメソメソ泣いてたし、

茶道っていう、日本のおっとりした文化を花開かせたのも男だし、

江戸時代の歌舞伎役者なんて化粧こってりでしょ?

今人気の小栗旬なんて、明らかに彼女の山田優よりオットリ顔だし。笑




でも、これって、

いかつい体で、けんかが強い男がモテてたら、

そういう男たちが優位にいるっていう社会なわけで、


そう考えたら、日本がいかに、平和社会だってことも納得できます。





だから、日本にいる限り、あなたたちは「男」だからご心配なく!





posted by kayokor at 11:57| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。