2009年10月31日

ラーシャンで

昨日は、先週からセブの孤児院にボランティアに来ている日本人Yさんと、


ラーシャンという、地元の人が行く、屋台村に行ってきました。

マニラから来た人もわざわざここに来たりするみたいです。

一種の観光名所なのでしょうか?




大きなテントの中に、その淵を描くように小さな店舗がズラーっと並んでいて、

DSCF4020.JPG


真ん中が、ほぼ座席になってる状態です。

DSCF4016.JPG




雰囲気はザ・アジア!って感じで、なかなかいいです。

安いし。



ただ、どの店舗も置いてある物が同じなんです・・・。

DSCF4005.JPG


DSCF4008.JPG


観光客にとっては、選別に困ります。



で、写真を見てもわかるように、

ほぼ焼き鳥ばかりなので、なんせ、煙たいです。


席や時間によっては、食べながら涙が止まらないときがあります。

DSCF4015.JPG
涙が止まらないYさん




そして、私たちの夜ご飯は、もちろん焼き鳥と、

DSCF4010.JPG


焼き魚と、
DSCF4012.JPG


プソです。
DSCF4007.JPG


中には、ギュッとゴハンが竹の葉で固められていて、

食べる時は、真ん中に切れ目があるので、パカッと割って、食べます。
この説明、わかりますか?笑
DSCF4013.JPG



たらふく食べて、一人90円っちゃ、安いです。



残念なのは、お酒がこういうところにないことです。

確かにセブのレストランで、人々がご飯食べながらガバガバお酒飲んでる様子はあまり目にしないです。


こっちの人は、ごはんの後に、それ専用のバーとかに行ったりするとか。




スプライトでしたが、Yさんとは色んな話でめちゃくちゃ話が盛り上がりました。






そしてセブでは今日からハロウィンも兼ねたお盆休みに入るそうです。
posted by kayokor at 12:44| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。