2009年10月23日

働くって?

DSCF4233.JPG


日本のマクドナルドでは見られない光景だと思います。


食べた後、お客さんは、テーブルに残骸を残して帰ります。





じゃぁ、なんで日本はそれをしないのでしょう?


「自分の食べたものは自分でゴミ箱に捨てる」


は、いまや、日本のファーストフード店では常識になってますよね。


が、これは、経営者にはとても有り難い、「お客様のお仕事」なんです。


だって、テーブル片付ける役目の従業員をそこにあてなくて済むからです。

つまり人件費を削減するための、操作なのかもしれません。


日本は人件費が高いからね〜。





で、フィリピンのファーストフード店のカウンター、

たまに、従業員がうようよいます。

必要ないんじゃない?この人っていう人とか。


だから、一つ一つに一人一人の仕事を与えられているんです。


フィリピンは人件費が安いんですね〜。日本の10分の1以上です。






アルバイトや派遣、外国人など、安い労働力に目をつけた経営者たちのおかげで、




貧しい国では貧しさから脱することができなくなり、


豊な国でも、人々は職を失い、職があってもその責任の重さに心がつぶされそうになっている、



という現実が起きていますよね。







結局誰が儲かっているのかって言ったら答えは一つで。





その人たちのコマにされている人々が貧富関係なく存在します。









働くってなんだろうって考えた時、


仕事に一生忠誠を払う自分じゃなくて、


「自分らしく生きる」自分のための働きができたらどんなにいいだろうと思います。





そして、それに気づく人が増えれば増えるほど、


今の社会のあり方に疑問を持つ人も増えるだろうし、


社会も少しずつ良くなっていくんじゃないかと思います。







もし、おカネの価値というものがなくなってしまったら、


あなたには何が残りますか?


それ以外、何も残らないような人生って淋しいです。



だから、楽しく生きましょう。












めぐりめぐって、結局まとまったのか?笑

悩める私の後輩たち、友達たちにエールになればな〜

DSCF4211.JPG

posted by kayokor at 13:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。