2009年10月15日

ここは銃社会

昨日、歩いていたら、3歳くらいの男の子がおもちゃの銃を持って、


私に向けて、


「バンバーン」

と言ってきました。



死んだフリがとっさにできなかった私はやはり関西っ子でなく博多っ子です。笑






先日知り合いの知り合いが夜中友達を見送ったあと、


あ〜なんかバロット食べたいな〜 となぜかふと思ったらしく、


近くの屋台でバロットの殻を向いていると、


突然、



パーーーーーン!
パーーーーーン!


と本当の銃声が鳴ってあわてたそうです。



話によると、10代の男の子たちがさーっとどこかに逃げていったようで、



女の人が肩を押さえながら悲鳴をあげ、(おそらくあたったっぽい)


周りの人たちが警察、警察、と言ってたそうです。


その女の人がその男の子たちと関係してたかどうかは、現場にいたその人にもつかめなかったそうです。




そして、もう一人男の人のひざも弾がかすっていたようで、

こちらはさほどのけがではなかったので、


本人もびっくりしつつも

「オレってツイてね〜な・・・」


という軽いリアクションだったようです。





もし私だったら、ショックで気絶してしまいそうなのですが。


さすが、銃社会です。


人々の銃への慣れ度合いが、


武器を作らず、持たず、持ち込ませず、の日本とはだいぶ違います。








銃口はいつも人を向いています。

自分の身は守れたとしても、それが解決策には絶対になりません。


それは世界で起きてる戦争にもいえることです。





とにかく、銃社会に今いるので、

色々警戒も必要だな〜と思ってるところです。
posted by kayokor at 14:28| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。