2009年10月08日

なんでなくならない?

昨日、中流層の友達と話していた時に、


ん?


と思う節がありました。





この国を貧しくしてるのは、貧困層なんだ。

彼らが、どんどん子どもつくるから、この国はどんどん貧しくなる。

だいたい、しつけがきちんとされてないんだよ。







はたして、そう思いますか?


DSCF4066.JPG



だいたい、同じ国に暮らす同胞のことを、こんな言い方する?

「しつけ」ってかなり上から目線すぎじゃない?


ってちょっといらっとしたのですが。


日本にもいますよね、

ホームレスや派遣切りされた人のことを、自己責任とか努力しないからだという人。



そういう人たちこそが哀れです。





話は戻って、


確かに、無計画に子づくりがなされている家庭もあります。
これは確か。

貧困層に大家族が多いともいえるかもしれない。
これも確か。





けど、



そもそも、その貧困を生み出したのって何?誰?


その貧困の問題解決に当たろうとせず、文句ばっかり言って、彼らを同じ人間と扱ってないのはどなた?





貧しい→学校に行けない→いい職につけない→貧しい

お金持ち→学校に行ける→いい職につける→お金持ち






この悪循環(お金持ちにとっては好循環か?)がなぜなくならないのか。





それは、お金を持っている人たちが、自分たちに損のない、害のないよ生活をやめないからではないでしょうか?


貧しい人々がみな知識をつけてしまって、的確な判断を国民全体がするようになったら、
困る人たちがいるからではないでしょうか?



貧しい人々は貧しいままに仕向けられているんじゃないでしょうか?





これは、この国だけのことじゃなくて、世界全体でも言えることで。






こういう話を聞くと苛立つのと同時に悲しい現実を垣間見た気にもなります。




DSCF4182.JPG

みんなが「正しい」判断ができるようになったら、

貧困も、戦争も、なくなって、世界はもっとよくなると思います。


やっぱ「教育」って大事。





参考URL
http://www.cebu-plumeria.jp/012/index.htm

本当に納得です。
posted by kayokor at 14:04| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。