2009年10月01日

10月の始めに

2ヶ月に1度の奨学金支給に行ってきました。



奨学金を受け取った、郡部に住む女の子。
DSCF4067.JPG




いくつか学校をも周ってて思ったのは、



フィリピンって、街中歩いてる時、なんかいつも警戒してしまうんです。

色んなものや人に。(私だけかもしれないけど)



DSCF4059.JPG

けど、学校って、なんか落ち着くっていうか、


子どもたちの明るい声が四方から聞こえて、


子どもたちがのびのび遊んでて、


ピースフルやなぁと思います。



あ、フィリピンには日本みたいな公園がないから、またそう感じるのかもしれません。


DSCF4082.JPG


この小学校は緑がたくさんで、素敵でした。



ただ、うむ、と思ったのは、図書館の蔵書数の劣ること劣ること。


日本の小学校の図書館と比べると、その部屋の大きさも全く違います。


普通の教室くらいの大きさで、


棚に収まってる本の様子を見ると、参考書に近いものばかりで、


こりゃ、私たちがイメージする図書館とはかけ離れてて、


ミニ資料室みたいな感じだな〜と思いました。



これも、特に公立学校はそれを揃えるだけの資金が足りないってのが一つの原因と思われます。



あ、言われて見れば、公共図書館もほぼないに等しいと思われます。

ショッピングモールには本屋さんもありますが、
品揃えもいいとは言えないし、なんせ、高いです。

安いものでもマックのセットが3つ変えるような感じです。




私が小学生の時、いっぱい本読んでたけどな〜と思ったり。


小さい頃から、本に慣れてると、

きっと想像力がふくらんだり、

大人になってからも色んな情報を吸収できたり、見方を変えれたりできて、いいと思うのですが。



ここの情報源はやはりテレビと教会が主で。


もったいないなぁと思います。







あ、フィリピンで初めてロシア色なものを見つけて懐かしくなりました。
なんせ、こう見えて大学ではロシア語専攻だったので。


DSCF4083.JPG

マトリョーシカ!
しかも、結構マジロシア産やん?これ!





話があっちゃこっちゃいきましたが、


ご家庭で眠っている絵本や本、どうにかなりそうな気がしませんか〜?




DSCF4065.JPG

posted by kayokor at 20:21| セブ プルメリア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。