2009年09月02日

交通安全

レディ・ガガの「ポーカー・フェイス」を聞くと、


あ〜、セブに帰ってきた〜と実感します。


なんせ、街中のいたるところで音楽が爆音で流れているので。


この前日本に帰ったとき、あまりの静かさに驚いてしまったくらいです。





さて、戻ってきて早々、こっちらしい事件に遭遇したのでお伝えします。



今日ジプニー(こっちの乗り合いバス↓写真)に乗って出かけていたところ、

DSCF0828.JPG


突然、間近で、


バーン!!!




と爆発のような音がしたので、


ついにテロに遭遇してしまったかと思って、


とりあえず、自分の周りが安全だったことを確認した後、周囲を見渡すと、


横のジプニーのタイヤがパンクしたのだという・・・。


タイヤがパンクするのにあんな爆発音がするのかと思いましたが。



横のジプニーでは、乗ってた乗客がぞろぞろと別のジプニーへ移動を始めていて、


運転手さんは「やれやれ・・・」という感じで、のそのそと問題のタイヤの方へ降りていきました。



こういう時にいつもびっくり仰天してるのは私だけで、

私の前に座ってたオジサンは、

「あれは大丈夫だ、うんうん。」

と、声に出して、確信していました。




ここでは、乗ってるタクシーが突然止まって、

「エンジンが焼けて動かなくなったから降りてくれ」

というようなことを言われたり、



乗ってるジプニーが、乗客を乗せたまま、

きゅい〜んとガソリンスタンドに入って給油したり、とかがあります。



前なんて、バイクの後ろに乗ってて、ちょっと飛ばしすぎじゃないの〜?

と思って、運転手越しにメーターを覗くと、

ゼロだし!


彼らに速度制限という言葉はないんだと思いました、あの時は。




生きて帰ってこれてるから、まだ笑ってられるけど、


やっぱり、日本の事前点検って改めて素晴らしいと思います。



原チャで尾灯がついてないって5000円払わされた時はムカついたけどねー!


posted by kayokor at 20:04| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。