2009年07月03日

スマイルー

今日は朝からサンフランシスカン孤児院へ行ってきました。


門をくぐると、こどもたちが、

「アテ・ジャパニーズ!!!(日本人のお姉さん)」


走ってやってきたと思ったら、向こうから号泣の声が・・・




DSCF0976.JPG
もう大泣き!



なんでかっていうと、今朝この孤児院に来たニューカマーちゃんで、


なんでこんなところに連れてこられたの?的な涙だと思われます。



この子も含め、5歳くらいの子と1歳の子が、新しく今日来てました。




DSCF0978.JPG
その1歳の子とシスター




3人とも路上生活してたところを保護されて、ここに連れてこられたと聞きました。





金融危機の影響って、こんなところにも出てて、

ここ最近、この施設にはどんどん新しい子が連れてこられるみたいです。

確かに、毎週行くたびにニューカマーがいて、名前を覚えられない・・・。



でも、きっと、彼らの親も泣く泣く我が子を手放している状況なのかもしれません。

自分たちが食べるのもままならない大人ってたくさんいます、ここには。


ここに連れてこられただけ、まだラッキーだったと思えます。





DSCF1022.JPG
キューン!この笑い顔!


この写真の左の子の笑ってる顔、実は初めて見たんです、私。


この子も2週間前にこの施設に預けられて、


毎日毎日、お母さんを探してシクシクないていました。

周りの子にちょっかいかけられてもシクシク。

お菓子食べてもシクシク。


とにかく、いつも泣いてたんです。




でも、だいぶ慣れてきたんでしょう。

今日は歌も歌ったりしてたから、なんだか私が嬉しくて、ムービーまで撮っちゃいました。



やっぱ、大人も子どもも笑ってる時が一番ステキです。




みんなみんなー笑ってーーーー!!!





DSCF0990.JPG
徐々に日焼け中。
posted by kayokor at 20:12| セブ プルメリア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。