2009年07月01日

少子化でなく多子化

7月になりましたね〜!!!晴れ





ところで、

この国には、20人もの子供がいる家庭があるという話を先日聞きました。




今日学校の友達とお昼ご飯中、


最近ずっと休んでる子がいて、

眠気がひどい、太ってきた、具合が頻繁に悪くなる

という症状を察した周りが、


「妊娠してるんじゃない・・・?」

本人が休んでるのをいいことに、こんな話題になってました。




もしそうだったら、どうなるの?って感じで。

けど、みんなはそこを心配してるんじゃなくて、目先の上の症状の心配ばかり。

確かにそこも心配だけど。



今後、海外の出稼ぎを目前にして、わざわざこの学校に試験勉強しに来てるってのに、

わざわざっていうのも、
レイテ島やミンダナオ島から、この学校のためにセブ島に来てる子もいるんです。



で、コドモ作っちゃったら、今まで考えてたプランはどうなるの?
と、思うわけです。




でも、これは若い子だけの話じゃなくて、

ここ団体の里子の一人Aちゃんなんですが、先月お母さん7人目の赤ちゃんが生まれたという。




生活が苦しくて、学校に行くのもままならないから、奨学金受けてるのに。


お父さんお母さん、こども作るんですね。




一つは、宗教の影響。

こどもは「神からの授かりもの」なんです。

堕胎は許されない。
避妊もありえない。



あと、もう一つ思うのは、文化的にまだまだ男が強い。

女性からしたら、

拒否できない。
避妊してもらえない。





先のプランがあっても、これではできるものはできてしまう。



でも、そう考えたら少子化と騒いでる日本は、

避妊できるし、
堕胎できるし、
女性の判断で拒否もできる


まだ女性の立場が守られてるな〜と感じます。








posted by kayokor at 21:49| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。