2009年07月31日

見方を変える

以前、我慢してくれで、紹介した、

こっちの人のゲップ事情ですが、


新たな発見があったので、補足したいと思います。





とある日本人が、私のブログを読んでくださってて、


フィリピン滞在中にこっちの人のゲップに少し意識を払っていると、




そう、例のごとく、

こっちの人が ゲー とした後、





Thank you God


的なことを言ったそうな。






なんでゲップを神に感謝するのか???



つまり、それだけ、食うに困ってる環境なんですね。

ゲップが出るほど、お腹いっぱい食べました、神に感謝!的な!




その日本人のその話を聞いた、翌日、私も聞きました!

フィリピン人女性が豪快にゲップした後、

「Thank you God.」と控えめに言ってました。








一方的に、ゲップを人前でするのはマナー違反だ!と主張してましたが、


それに気づくと、見方が変わるわけです。



こっちにはこっちの文化があって、それをしっかり理解しないと、


一方的に意見を押し付けることになりかねないな〜と。





色々勉強になります。





7月が早くも終わろうとしています。

今月は早かった!!!


8月も楽しくやっていきましょ〜!


7.29 Sangat (16).JPG
posted by kayokor at 23:37| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

今日は記録係

今日は、セブ市から離れた、


バジャンとサンガットという町に住む奨学生さんたちに、


支援金を渡しに行くのに同行させてもらいました。



最初の、

バジャンの小学校は、校内をテクテク歩いていくと、

7.29 Badian (15).JPG


海に出ます!!! うらやましーーーー!




そして、教室のみんな、ハロー!

7.29 Badian (14).JPG


そして、ここの優秀な奨学生さんたち。

7.29 Badian2 (1).JPG


奨学金を受け取っている様子。

7.29 Badian2 (2).JPG





そして、この小学校から徒歩15分ほどのところにある、


観光地、「カワサンの滝」に行ってきました。



雨上がりのせいか、滝の落ちが激しすぎました。


7.29 KawasanFall (19).JPG


水は冷たくて気持ちかったです。

7.29 KawasanFall (18).JPG







そして、次に向かったのはサンガット。


R君が支援金を渡しています。

7.29 Sangat (2).JPG


そして、ここでも、優秀な奨学生さんたち。

7.29 Sangat (5).JPG



土曜に行ってる施設の少年たちとな〜んか違うな〜。笑





今日のところは、家庭の状況で大変なだとか、病気で大変だとか言う子が、出てなかったので、一安心でした。


みんなが家族のためにも自分のためにも勉強を続けられますように。






そして、今日の道端でのスマイル☆

7.29 Sangat (17).JPG






23歳最後の一日はなかなか充実でした!

posted by kayokor at 21:01| セブ プルメリア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

セブの女子便

二の腕が・・・



過去最高に「丸太」みたいになってきています。


8月に日本への一時帰国を控えているので、そろそろアクション起こさないと・・・。







ところで、日本人は海外旅行するときにとてもよく「おトイレ」にいく民族らしいです。

ご存知でしたか?



そして、その国々のトイレ批判が好きな気もします。



それも、そのはず、日本の公衆トイレは世界一だと思われます。



きちんと清掃されているし、トイレットペーパーもあるし。

便座もある。(ちなみに私が行った国の中で、ロシアとフィリピンは便座がないケースが多いです。盗まれるという理由と、壊れても修理しないという理由かららしい。)


便器があるだけ、まだマシじゃない!と思われる海外経験豊富な方、

そこらへんの比較はまた今度にします。




今日話したいのは、



トイレの順番とティッシュの行方です。


男子便の事情は知りません、入らないので。


女子便の話をさせてもらいます。



日本でもトイレに行列ができてることがありますよね。


で、その行列の最先端はどこで切れてますか?


そう、多くはトイレゾーンと手を洗うゾーンの境目くらいじゃないですか?



で、そこから歩いて、空いたところに順番に入りますよね?





ここでは、その行列の最先端というのがないんです。


は?意味わからん。って思うと思いますが、




こっちでは、まず、手を洗うスペースがなんだか人であふれかえっています。

誰が用が済んでいるのか、まだなのか、見分けがつきません。



で、トイレしたい人は狙ったドアの目の前で待ちます。


つまり、順番はなく、緊急事態の場合、あれは一種の「賭け」となります。



前の人の速度によって早く用が済まされるかが決まります。

時には横で、自分より後から来た3人が自分より早く用を済ませるケースもあります。




しつこいですが、緊急事態の場合あれはとても恨めしいものがあります。





すごく非効率な感じがします。このシステム。

でも、逆に日本で浸透してるあのトイレの順番のシステムって、

誰かが統一させたわけでもないし、なんなのだろう、素晴らしすぎる。笑






あと、もう一つ、こっちでは拭いた後のティッシュを流してはいけないと聞きます。


なんでか詳しくは知らないけど、多分つまるからかな?

たまに、「ティッシュを流さないで」的な貼り紙があります。



必ず、日本の汚物入れよりひと回りほど大きなゴミ箱があって、


そこにティッシュが捨てられているのですが、



(ご飯中の方はすみません。
 あ、というか食べながらパソコンしないでください。)





大便のついたティッシュは捨てられてないんです。


つまり、みんな流してるんです。



出ました、「ザ・適当」あるいは「ザ・矛盾」。





結局のところ、

流していいのか、流してはいけないのか。

でも、流せるではないか。


という、なんだかわかるようでわからないスパイラルです。





あ、あと、こっちではトイレのこと、

「トイレ」とも「レストルーム」とも言わなくて、


「シー・アール」といいます。

Comfort Room の略らしいです。

フィリピンに行く際は、必須用語の一つです!!

posted by kayokor at 21:06| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

Mr.&Missコン

金曜の夜は、奨学生の大学で行われる、

Mr.&Missコンテストの見物に行ってきました〜!




ごく一部ですが、こんな感じ。

CAS (14).JPG



CAS (7).JPG



DSCF3027.JPG



まぁ、なんというか、私からしたら(多分日本人からしたら)、


これが、フィリピンの「美」かぁ・・・って感じです。



女性は、色白、細目。

男性は、・・・基準がようわからんかった。。。笑




私たちがイメージするフィリピン人って、ブラウン肌でクリッとした目ですが、


ここでは、その逆がウケルようです。


長い間白人(スペイン)支配が続いていたのと、
現在その祖先や華僑が牛耳る社会にあると、



自然と自分たちのナチュラルなものがコンプレックスになり、


美の象徴と富の象徴がダブってくるんだなぁと、ここで思います。








あと、イベント最中にちょっとありえないハプニングが多々。


一つは、


優勝者が決まるときに、司会者が、



「勝者は、、、、A番です!!



いや、ソーリーD番だった!




あ、E番です! いや〜メガネが必要だ。笑」





いや、笑えないんだけど!?

A番とD番の人の期待はどうなるの???


本当にびっくりなフィリピンスタイルです。





あと、もう一つは幕間のダンサーたちで、


クライマックスで、一人をこう持ち上げて、その人が、

他のダンサーたちが手を広げているところにジャンプするというやつ。




ドスンと見事に落下しました。


そして会場は大爆笑。




・・・なんなのこの社会は?


信頼関係も問題だけど、それを笑うことができる聴衆にも驚きです。



私は全然笑えなかったですよ、本当に・・・。







最後の写真は学生さんたちと一緒に撮ったものです。

彼女らだいぶ化粧がケバイのは、
この日、正装してこないといけなかったからです。

CAS (38).JPG
posted by kayokor at 13:33| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

フィリピンに癒される

水曜日から、なんかすごく色んなことがあって、

パソコンに向かうのが久しぶりな気がします。



ここ何日かだけで、ネタがたくさんあるのですが、


小出しで、でも忘れずに近いうちにアップしてきます。





で、その水曜日なんですが、

セブ市より少し南下したカルカルというところの天然プールに遊びに行きました。



山からの湧き水を満喫できるそうな・・・






やしの木やバナナの木が生い茂る山道を歩き、

DSCF1227.JPG



素晴らしいフィリピンの景色を眺め、
DSCF1229.JPG





着いたところは、

DSCF1235.JPG


「ダム」でした・・・。

申し訳ないけど、泳げないです・・・。

身の危険を感じました。ただでさえナイーブな体なのに。笑



しかも、このダムのちょい上では、


DSCF1236.JPG


おばあちゃん、めっちゃ洗濯してるから。

めっちゃ汚れ落ちてるから。


その水「ダム」に直流してるから。






しばらく、そこで、なにとはなしに過ごした後、


近所のおじいさんと思わしき老人が、


「グァヴァがあるからおいでおいで」


と手招きするので、行って見ると、

DSCF1244.JPG


そりゃ大きな立派なグァヴァで、


老人は二つほどそれをとって、手渡し、


「二つで10ペソ」


と言ったのでした。プレゼントやないんかい!笑



ここでは、どこに行っても本当に突っ込みどころ満載すぎます。










それでも、やっぱり、フィリピンの大自然や人々の暮らしを見るのは大好きです。


今回は写真をたくさん撮ったのでとくとご覧あれ〜



昼間の風景
DSCF1194.JPG


DSCF1197.JPG


DSCF1211.JPG


DSCF1213.JPG


CIMG0021.JPG




夕方の風景
CIMG0049.JPG


CIMG0046.JPG


CIMG0056.JPG


CIMG0027.JPG


CIMG0051.JPG





あ〜!!!

そういえば、日本では今日が終業式なのでは?


こっちはずっと夏なので四季の感覚が鈍ります。



みなさん共に猛暑を乗り切ろう!!!

posted by kayokor at 20:28| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

マイケル熱

今日、ショッピングモールにて、



何やら家電屋さんのテレビに人だかりができていたので、


何か事件でもあったのかと思い、のぞいてみると、








マイケルジャクソンのライブビデオに、
みんなクギ付けになっているのでした。




そして、私もかれこれ、20分くらいそれを見続けてしまった。






彼の死から、こっちのテレビでは追悼番組(24時間彼のPV流し続ける)があったり、


近所のレストランから彼の曲が爆音で流れていたり、



ショッピングモールでは何かとマイケルジャクソンにちなんだイベントをやっていたり、



コピーDVDを売る路店でも、彼のライブDVDが飛ぶように売れたりということが起きているそうな。







でも、正直、ミーハーな私も、こっちのフィリピン人と同様、

彼の死後急に、彼のCDやライブビデオが欲しくなっているのは事実で。



しかも、そんな風に、街中でマイケル熱が冷めやらないものだから、

あ〜こんな曲もあったんだ、とか、

この曲ってこんないい歌詞だったんだ〜とかいう発見もあって。




あ〜マイケル、あなたは死後に借金の返済ができるのではないか、

皮肉な運命よ・・・とつくづく思います。







日本ではもう彼は忘れられていますか?





そうそう、刑務所で囚人たちがスリラーを踊るっていう話聞いたことありますか?

YouTubeで話題になってるという。



その刑務所ってここセブにあって、


なんと、私が毎週土曜日に訪問している施設のすぐ隣なんです!




機会があったら、ナマで見てみたいと思っています。






michael_jackson-thumb.jpg
どう考えても、元の肌の色がベストだと思います。
posted by kayokor at 00:08| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。