2009年06月23日

おふろ

今日は、こっちで日本人が作ったという温泉に行ってきました。




湯船につかるのって何日ぶり〜?

あったかいお湯ってやっぱり気持ちい〜!




っていっても、その湯船の水が「湯」になるまでにだいぶ時間がかかったのですが。

まぁ、これぞフィリピン式。




服を脱いでいる時に、

「アシスタントはいる?」と聞かれて、

即座に「いらない」とは答えたものの、




アシスタントって何・・・???



マッサージ?

ヨガ?

何かエクササイズがあるのか?



改めて「アシスタントって何?」

とたずねると、


どうやら、
体を洗ったり、サウナの汗をぬぐったり、何かとお手伝いをしてくれるっていうサービスらしいんだけど、



いやいや、私まだ23なんだけど!!!


しかも、それって、あぶなくないか???

体のどこまで洗わせるんだい!?って感じです。


けど、そういうサービスがあるってことは、
それを要求する人がいるってわけでしょ???ありえない。


んなこと自分でしろよ〜!

日本じゃ自分でやってるくせに・・・って感じです。

博多弁で言うと「甘ったれとう!」って感じです。



どうも、ここに来て思うことは、

ただオカネがあるっていうだけで、フィリピン人のこと見下してないかぃ?

と聞きたくなるような殿方がたくさんおられる気がします。


前の女性問題のときにも少し触れましたが、

日本で(自国で)できないことを他国でするのってなんか違いません?

と、私は思ふ・・・。のですが、みなさんどうでしょう?



posted by kayokor at 21:51| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。