2009年06月10日

実は一番気になること

昨日はオンナ4人でディスコに行ってまいりました。



やはり平日だったので人も少なめでした。



DSCF0804.JPG


日本ではクラブとか、よく行かないので、

私の中でディスコのスタンダードがまたセブになってしまいそうです。




今回行ったのは2回目だったのですが、いつも必ずいるこのようなお方たち。


DSCF0805.JPG


どういうグループなのかこれだけで決定はできないですが、


こういうディスコを始め、ここには


西洋系のデブなおじいちゃん、

または、いかにも自国でモテなさそうな外国人のおっさんたちが


若くて可愛いこっちの女の子と一緒にいる風景をよく目にします。




もちろん中には「愛し合った夫婦」もいるのは確かです。


そして、「お金で結びついている夫婦」がいるのも想定できます。

(こっちの人たちは、影でこういう夫婦の夫のことを「スポンサー」と呼んでいるんですよ〜)


そして、「その時だけのお付き合い」という人々がいるのも確かです。




後者はとても複雑な気持ちにさせてくれます。




男性側はお金でしか、女性を釣れない。

女性側は、お金のためになんでもできてしまう。




双方とも、本当の愛とはかけ離れた恋愛をしていると思いませんか?



でも、貧困のために、そうせざるを得ない女性が多くいます。


そうせざるを得ないのも「需要」があるからなんですね。





日本でも多くのフィリピーナが夜オッサンたちを相手に働いています。

中にはフィリピンに夫や子どもを置いて出稼ぎしてる女性もいるようです。




「需要」側の国として、同じ女性として、この現状を変えたいと思います。

posted by kayokor at 16:45| セブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。