2009年05月24日

ありがとう

今日は、NGOプルメリアを通して、教育支援を受けている奨学生たちが集まって、意見交換をしよう!という会がありました。


プルメリアが現在支援している学生さんたちは、100人にものぼりますが、

今日来れたのは30人くらいでした。



この会の主な目的は、先輩奨学生からのお話が聞ける!というもの。


一人はプルメリアの支援を受け、大学を卒業し、今日本の大学院で勉強を続けているB君の話。
(彼の話はとても興味深いので、私の中で文としてまとまった時にアップしますあせあせ(飛び散る汗))


もう一人は、セブの大学で看護の勉強をし、今年の11月から、ニュージーランドで看護師として働くJ君の話。


奨学生後輩のみんなはペンを片手にしっかりメモしてました。


途中、ある学生がマイクもって熱唱したり、

おやつ(完全におかず系でしたが)タイムがあったり。



で、最後に、みんなで、里親の方に


ありがとう


と日本語で書きました。

「あ」がどうやらすごく難しいみたいでした。
ま、私たち日本人も小学校の時、確かに「あ」のバランスは難しかったかも。


その時の様子の動画があるので見てみてください。





私はここの団体と出会ってから、たまにサンキューレターの翻訳のお手伝いをさせてもらってます。

奨学金を受け取った生徒たちが、里親さんにお礼の手紙を書くのです。


手紙の中に何度も何度も「Thank you」が出てくるので、
翻訳していていつも温かい気持ちになります。


今日のもまた、里親さんたちに彼らのありがとうの気持ちが届くだろうな〜と思いました揺れるハート揺れるハート



プルメリアの里子支援に興味をもたれた方は、コチラヘぴかぴか(新しい)
http://www.cebu-plumeria.jp/index.html


posted by kayokor at 20:51| セブ プルメリア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プルメリアバナー画像.jpg
私が今研修させてもらってるNGO団体です。
一人でも多くの方がこの活動に参加していただけますように!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。